NAP処理によるネジキャップ無理抜き例

2016-09-07

NAP処理によるネジキャップ無理抜き例

改善目的

成形サイクル半減、金型製作費30%以上削減

特許登録「樹脂成型用金型」の一例で、NAP処理により樹脂製ネジキャツプ無理抜きを可能としたものについてご紹介いたします。

NAP処理の加工条件は、3工程行い最終工程約Ra300㎚が最適です。
しかし、ネジ形状設計、材料仕様、金型仕様、成形条件と技術ノウハウが必要となります。
ご紹介の資料は、材料、金型素材は、汎用のもので成形しましたが、難易度の高い形状に対しては、弊社は、材料、金型素材の技術ノウハウを持っております。

NAP処理によるアルミチューブキャップ無理抜き

280907-1

アルミチューブキャップのコアピン画像

280907-2

アルミチューブキャップの製品ネジ部切断画像

280907-3

Copyright© 2010 NAP処理のことなら富山の株式会社M&T All Rights Reserved.